特商法はネットビジネスを行う人も共通して理解しておくべき大切な規則

ネットビジネスを行う人は、特商法(特定商取引法)を理解しておく必要があります。
この法律は、消費者の利益を守るために定めた規則ですが、同時に販売者にとっても消費者との信頼関係を築く上で大切なものです。

そもそもネットビジネスは、ネットを介して商取引が行われるため、消費者にとって事業者の実態が見えにくい部分があります。
店舗で購入する場合とは違い、事前に商品を確かめることもできません。
あくまで事業者と消費者の信頼関係のもとで商取引が成立します。

事業者の中には、消費者にとって不利益になるような販売行為を行う人もいます。
悪意の場合もありますが、もちろんそれだけではなく、商取引に対する理解不足から消費者に損害を与えてしまうケースもあります。

商品やサービスを提供する側がまず責任を負うため、その規則を定めた特商法の理解は重要です。
商取法に違反した場合は、罰則として業務改善命令や、状況によっては業務停止命令が下る可能性があります。
商取法の対象になる商取引はネットビジネスだけではなく、例えば訪問販売や電話勧誘のような種類もあります。

大切な点は、ネットを通じた軽い商取引であっても、やはり商取法のルールに従う必要があることです。
ネットビジネスは、誰でも取り組める敷居の低さが特徴です。
そのため、ともすれば商取法をあまり理解せずに、物やサービスを販売してしまうケースもあります。

自分で作った情報商材を販売する場合は、ASPのような販売サイト利用するケースが一般的です。
この際も、販売ページで「商取法に基づく表記」を行う必要があります。
これをしていなければ、ASPの審査も通過しないため、情報商材の販売自体ができなくなります。

商取法に基づく表記は、複数の項目を明記します。
販売者の氏名、事業所の住所、電話番号やメールアドレス、商品代金や手数料の説明、引き渡し方法や時期、支払い方法、返品方法など、各項目を記入して、消費者が見れるようにしておくことが大切です。

各販売サイトを閲覧すれば、必ず商取法に基づく表記の記述があるため、初めてネットビジネスを行うような人は参考にするといいでしょう。
こういった表記を行うことは、消費者に対して安心感を与えることにつながります。
消費者が安心して物やサービスを購入できることは、売上アップに貢献する大切な部分です。

もちろん、商品販売のためにはセールスレターが重要ですが、商取法に基づく表記のような細かい部分も、わかりやすく誠実な記述が大切です。
ネットでの商取引でトラブルにならないように、商取法の趣旨を理解し、その説明をしっかり行うことが求められます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です