ビットコインFXとは??

仮想通貨の中にビットコインという物がありますが、これを使った「ビットコインFX」という物があります。
FXと聞くと、何やら危険な物のようなイメージがありますが、注意点を守って行えばそれほど危険な物ではありません。

ではまず、ビットコインFXとはどういう物かということですが、これは一言でいうと価格の上下を予想する物です。
ポイントは、現物のやり取りがなされることはなく、売買したと仮定した場合の差額に着目して取引が行われるということです。

仮に、「価格が上がる」と思えば買いの注文を入れ、「価格が下がる」と思えば売りの注文を入れ、それらの予想が当たっていれば差額が利益となるということです。

そして、ビットコインFXは証拠金を預けることにより、その金額の数倍の買い付けが可能になります。
これは「レバレッジ」と呼ばれる仕組みです。

仮に、10万円の元手しかなくても、10倍のレバレッジを設定すれば、100万円の取引が可能ということです。

では、ビットコインFXの利点について見ていきましょう。

「価格の変動が小さくても大きな利益が出せる」。
ビットコインは、株式投資と比較すると値動きの変動が激しくなっています(といっても、数%ほどですが)。
その分、レバレッジをかけておけば大きく利益を出すことが可能になります。

「価格が下落していても利益が出せる」。
ビットコインFXは上述したように、あくまでも売買したという仮定の上での取引なので、現物を持っていなくても取引が可能です。

例として、ビットコインを持っていない状態で「1ビットコインを100万円で売却する」という注文を出し、その後に「1ビットコインを90万円で購入する」という注文が出せれば、「100万円-90万円」で10万円の利益が出せるということです。

「いつでも取引が可能」。
株式投資であれば、平日の9時~15時までしか取引ができませんし、為替FXでも土日は取引ができません。
ですが、ビットコインFXであれば365日24時間、いつでも取引することができます。

では、ここでビットコインFXの注意点について見ていきましょう。
注意すべきなのは、上述した「レバレッジ」です。
これは、利益を何倍にもすることができますが、予想が外れると損失が何倍にも膨らんでしまいます。

その損失は証拠金で補填されますが、それでも損失が埋めきれない場合は、「追証(追加証拠金)」という名の借金が発生してしまいます。
ですから、ハイリターンではあるもののハイリスクでもあることは覚えておいてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です